日野(現行 大型車)

1999年度以来、6年ぶりの投入となった日野の大型車です.いすゞとのOEM供給開始により車種の整理が行われた関係で、「エルガ」の車体デザインに準じた「ブルーリボンII」にモデルチェンジ.屋根上に搭載されているクーラーカバーの形状の違い以外はエルガと同じ外観をしているのが大きな特徴となっています.なお、2006年度に導入された車両については2005年の国交省標準仕様(座席モケットが緑から青へ変更など)となったほか、LED式の方向幕が試験採用されています.

大阪市交としては初となったハイブリッドノンステップバスです.ハイブリッド車についてはいすゞとのOEM供給開始後も日野が独自で開発していたことから、OEM供給開始前の旧モデル「ブルーリボンシティ」の車体デザインが採用されており、全国的にも珍しいブルーリボンII導入後のブルーリボンシティ初導入となりました.

2009年の春に投入された日野の大型車です.排ガス規制移行に合わせる形で「ブルーリボンII」もマイナーチェンジが行われ、前面のライトが2灯式に変更されたことから、いすゞ・エルガとの識別が容易となっているのが特徴となっています.

2006年度以来の導入となった日野のハイブリッドバスです.排ガス規制の強化に伴い型式番号が変わったものの、方向幕がLED式となったこと以外は2006年度車との外観上の差異は生じていないほか、低公害車の導入がCNGバスからハイブリッドバスへと軸足が移ったことから、2009年度も引き続き導入が行われました.

2010年度に導入が開始されたハイブリッドバスです.排ガス規制の更なる強化に合わせる形で「ブルーリボンシティ」にもマイナーチェンジが施されており、外観では屋根上に搭載されているクーラーの形状が変更されたほか、内装も蛍光灯カバーや手すりの形状などが変化.また、この時導入された車両より、屋根上の燃料カバーに「Hybrid」の文字が加えられるようになっています.

« Back