今に残る昭和の雰囲気…
国道駅
国道駅は、1930年に開業した駅ですが、駅の下に国道1号(現 15号)線が走っていたのを理由に、国道駅と命名されました。現在、国道駅周辺は近代的な町並みになっているのにも関わらず、駅の高架下だけが、昭和20年代を思わせる雰囲気が漂っており、鶴見線内の駅でも有名な駅となってます。


駅舎への入口です。少しわかりづらいかもしれませんが、駅の前には、この駅名の由来となった国道15号線が走っており、ひっきりなしに車が往来します。
駅の内部です。まるでタイムスリップでもしたかのような、懐かしい光景が広がっており、昼間からノスタルジックな雰囲気が醸し出されています。
改札口付近の様子です。レトロな光景に不釣合いな自動券売機がありますが、自動券売機とSuicaのチャージ機以外は、ほとんど原型を保っています。
鶴見行きのホームへ繋がる橋です。国道駅は、1階に改札口が設置されている関係で、途中の階で片方のホームに続く道が分岐しなければならない構造となっており、有効スペースの関係からか、このような橋が設置されたものと思われます。
先ほどの写真を撮影したすぐそばに設置されている看板です。ご覧のとおり、鶴見方面行きののりばを案内していますが、書体から見て、恐らく国鉄時代から設置されていたものと思われます。
ホーム全景です。ご覧の通り、駅の途中でカーブしているほか、私鉄時代の面影が残っていたりするなど、かなり特徴的なホームとなっています。
駅の真下を走っている国道15号線こと第一京浜です。産業道路ということで、よく渋滞するそうですが、土曜午後ということもあってか、交通量はまばらでした。
駅の片隅に設置されている注意書きです。どうやらこの駅周辺でカモメ公害が発生しているらしく、頭上に注意してくださるようにという案内が掲載されています。

撮影日 2005年4月2日

もどる