最終列車の発車まであとわずか.駅員の肉声放送が響き渡る中、翌朝の下り高架線の走り初めの大役を担ったDD51の重連が、こんやの宿泊地となる天王寺駅のホームに滑り込んできた… この天王寺の入線を行う過程で、まもなくその任が解かれる地上線にも入線.この地上線を走る最後の機関車として別れを告げ、そしてこの天王寺へと戻ってきた… あすの朝、この列車が旅立つころには線路の切り替えが完了している… まさしく、この珍客が線路が切り替えられることを知らせに来ていると言っても、過言ではないだろう…
.

 

2006-05-21
天王寺

前のページにもどります
次のページにすすみます

copyright(C) Kinokuniya. All rights reserved