117系概要
117系は153系に代わる新快速専用車両として1979年に製造開始.「シティーライナー」のキャッチフレーズのもと,2扉回転クロスシートやつり革の設置を一切行わないなど特急車並みの設備が整えられ,新快速のイメージ向上に貢献したほか,国電不毛の地とされた大阪での国電復権にも一役買いました.JR発足後はより混雑に強い車両に置き換えられたことで新快速運用から撤退しましたが,現在も京都地区や下関地区などで活躍を続けています.
117系主要緒元
編成TcMM'Tc'
形式クハ117モハ117モハ116クハ116
定員68人72人72人68人
空車重量35.9t43.7t43.0t36.8t
最高運転速度115km/h
加速度1.8km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 5.0km/h/s(非常)
車体長19850mm(中間車19500mm)
連結面間距離20280mm(中間車20000mm)
車体幅2900mm
屋根高3654mm
車体構造普通鋼車体
電気方式DC1500V 架空電車線方式
主電動機120kw×4
冷房装置集中式
保安装置ATS-Sw
制御方式抵抗制御
ブレーキ方式発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ・直通予備ブレーキ
京都区117系編成表
←永原 / 京都→
編成番号TcMM'MM'Tc'
S1304307307308308304
S2307313313304304307
S3305309309102102305
S4306314314306306306
S5310319319320320310
S6321310310342342321
編成は2012年4月当時,波動用の8両T編成は表から除外.S1〜S5編成は国鉄色,S6編成は京都色.
117系車内
2扉オールクロスシートだった117系の車内も,増備やその後の車両事情に合わせて少しずつその表情を変えていきました.ここでは,番台ごとの車内やクロスシートの形態などを深く掘り下げていきます.
2010年に臨時新快速の運用に入った基本番台の車内.座席配列は新製当初のまま手は加えられていないものの,座席カバーと転換部分の取っ手が221系未更新車に準じたものへと交換されたほか,安全対策強化の名目で2000年代後半に入ってから扉付近につり革が増設されています.
京都に最も多く在籍していた300番台の車内.福知山線で運用するにあたって扉付近の3列×4の18席分をロングシートに改造したほか,手すりやつり革を追設することで立客の混雑緩和を図ったことが大きな特徴でした.
国鉄最末期に増備された100番台の車内.当時製造されていた211系に合わせて一段下降窓へと変更されたほか,座席の形状もバケットシートとなるなど,基本番台から大きく手を加えた車内となりました.
基本番台・300番台の座席です.並行していた競合私鉄に合わせて転換クロスシートを採用したことで,特急列車並みの居住性を確保したことは国鉄の近郊型車両として画期的な出来事でした.また,製造当初は灰皿が窓下に取り付けられていましたが,時代の変化に合わせてこちらは撤去されています.
混雑緩和の目的で登場した300番台のロングシートです.ロングシートのモケットはクロスシートに合わせて茶色のものが採用されましたが,座り心地自体は他の近郊型車両と大差なく,走行線区も含めて117系が新快速専属から解かれた象徴的な姿となりました.
300番台のロングシート部分に追設されたつり革です.300番台への改造当初はロングシートに面した部分のみつり革が取り付けられ,のちに扉付近や車端部にもつり革を追加.改造時期の違いでつり革の長さが異なることが見た目の特徴となっていました.
300番台のクロスシート部分に貼り付けられた便所の案内です.福知山線では一部の車両が4両編成として走っていたため,6両編成の組み換えが完了した現在も4連時代の案内が残る車両も存在していました.