No.29 長堀鶴見緑地線 開業20周年(10.07.05掲載)

1990年に開催された花の万博に合わせて開業した長堀鶴見緑地線 京橋−鶴見緑地間が、3月20日に開業20周年を迎えました.

この開業20周年に合わせる形で、長堀鶴見緑地線の各駅に記念ステッカーが飾られていたほか、京橋駅では花の万博の大会マスコットだった「花ずきんちゃん」が20年ぶりに登場しました.

しかし、15日に同線内で発生したポイント破損事故を受けて20日をもってステッカー類の掲出がすべて打ち切られており、残念な形で開業20周年記念イベントが終了しました.

京橋駅のコンコースに掲出されていた大型ポスターです.内容については開業20周年を祝うものとなっており、金色の縁取りによって装飾されているほか、延伸区間の各駅にはこのポスターは取り付けられていませんでした.
10.03.20 / 京橋

改札内に貼り付けられていた小さめのポスターです.大型ポスターをスケールダウンした内容となっており、こちらのほうは延伸区間の各駅にも貼り付けられ、全線規模でその姿を見ることができました.
10.03.20 / 森之宮

京橋駅のコンコースに貼り付けられていた「赤ずきんちゃん」登場イベントの告知ポスターです.花の万博についても今年で開催20周年を迎えることから、開業記念イベントの一環として「赤ずきんちゃん」が京橋駅に登場することとなり、開業記念日を迎えた20日に京橋駅構内を実際に散歩するイベントが行われました.
10.03.20 / 京橋

京橋駅に登場した「赤ずきんちゃん」です.「赤ずきんちゃん」については開催当時のデザインのままで姿を現し、13・14・15時からのそれぞれ30分間、京橋駅構内を散歩していました.
10.03.20 / 京橋

各駅構内の案内表示器に表示されていた開業20周年記念のメッセージです.こちらについては全駅で同じメッセージが流されていましたが、15日に発生したポイント損傷事故を受けたお詫びも併せて流されており、21日以降はお詫びのみが表示器で流される状態が続きました.
10.03.20 / 京橋

長堀鶴見緑地線内で営業運転に就く70系です.当初の方針なのか事故の影響なのかは定かではありませんでしたが、ヘッドマーク類の掲出はイベント期間中一切行われず、開業記念日の20日はプロ野球関連の臨時列車が運行されたものの、取り立てて目立った変化はありませんでした.
10.03.20 / 玉造

15日の事故後、各駅のコンコースで掲出が行われた事故のお詫び文です.長堀鶴見緑地線内で発生した事故に続き、29日には阿倍野駅構内で保守作業車が電気ケーブルを損傷させる事故を起こしており、事故に関するお詫びが3ヶ月以上に渡って駅構内で掲出される状況が続いているほか、公式web上においてもお詫び文が公開されました.
10.04.11 / 駒川中野

« Back