No.31 北急桃山台駅北改札 供用開始(11.04.12掲載)

バリアフリーの一環として、エレベータ・エスカレータを完備した北急桃山台駅の北改札が4月3日より供用が開始されました.

今回の北改札設置は、従来の改札口ではスペースの問題でエレベータなどの設置が困難だったことから、2007年末よりバリアフリー設備を完備した新改札設置工事を開始.約3年がかりで改札の新設を行い、今回の供用開始へ繋がりました.

なお、従来から設置されていた南改札についてもエスカレータの追設工事が行われ、こちらのほうは9月末までに工事が完了しています.

ホームの上に新設された北改札です.今回供用が開始された北改札はエレベータによる出口までのワンルート確保を目的に作られており、島式ホームの上に駅舎を建設したほか、北改札に直結するための歩道橋も今回の供用開始に合わせて取り付けが行われています.
10.08.14 / 桃山台

駅前の交差点脇にある北改札への出入口です.駅の一部であることから深夜の営業時間外は締切処置が行われていますが、駅の両側に出入口が設けられていることから歩道橋としても機能しています.また、ホームから出入口までバリアフリー設備によるワンルートを確保するために、各出入口にはエレベータも併設されています.
10.08.14 / 桃山台

北改札口付近の様子です.北改札開設後も乗客の流動については南改札がメインとなっていることから、北改札の改札設備は最小限に留められており、券売機・改札機ともに2機のみの設置となっています.
10.08.14 / 桃山台

北改札最大の目玉となったホーム−改札間直結のエレベータです.ホームの直上に新改札を設置することによって、狭小スペースに伴うエレベータ設置問題を解消.他の駅ではすでに整備されていたエレベータがようやく設置されたことになり、これによって桃山台駅でも車イスでのコンコース移動も容易になりました.
10.08.14 / 桃山台

ホームに用意されている北改札への階段です.こちらのほうはエスカレータ併設となっているほか、階段についても波型の手すりを採用することでつかみ心地を改善.また、階段のスペースを活用する形で多目的トイレの設置も行われており、従来の改札では対応できなかったバリアフリーの設備を集約させることに成功しています.
10.08.14 / 桃山台

ホームから南改札へ続く階段付近の様子です.掘削によって作られた島式ホームの端に階段が設けられていたことからエレベータの設置を行うことができず、これまで階段の端にリフトを取り付けることで車イスの通行に対応していましたが、北改札の供用開始によって乗客流動に余裕ができたことから、これまでエスカレータの設置が無かった南改札にもエスカレータの設置工事を開始.9月末に工事が完了しており、これによって南改札もバリアフリー対応となりました.
10.08.14 / 桃山台

« Back