No.69 元市バス移籍車現況報告 大阪運輸振興編(14.04.27掲載)

大阪市交の外郭団体として設立された大阪運輸振興は、4営業所の業務委託のほかに市交から路線譲渡を受けたUSJ直行バスの運行を担当してます.

2002年の路線譲渡以来、基本的に市バスから移籍する形で車両の調達が続けられており、2011年度に運輸振興が車両の独自調達を開始したあとも中型車3両(UD車)が引き続き在籍しています.

ところが、府市統合の一環として市営交通事業の全廃方針が正式に決定したことから運輸振興も清算対象となる可能性が浮上し、残存している移籍車の先行きも不透明な状況となっています.

(写真は一部を除き2012年初冬に撮影)

USJ直行バスとして第二の人生を送る元大阪市バスの車両です.現在、運輸振興にて活躍を続ける車両はすべて1996年式の中型車(UD車−西工ボディ/KC-RM211GAN)で、引き続き大阪市内を発着できるようにNOx・PM規制の適合装置を取り付けたうえ、2008年8〜11月にかけて運輸振興へと移籍し、規制対象車だった同じ1996年式の大型車(日野車−日野ボディ/KC-HU2MLCA)を置き換えています.写真の2779号車は最初に運輸振興へと移った車両で、現在では運輸振興に在籍する3両が大阪府下最後の「58MC」ボディを架装した車両となっています.
住之江営業所(地下鉄住之江公園)

2008年9月に移籍した2780号車です.移籍当初は各車ともに市章を外した以外は市バス時代の塗装を流用していましたが、のちに2780・2784号車は青色、2779号車と除籍済の2781号車は桃色基調のラッピングが施されるようになり、USJ直行バスの宣伝広告が取り付けられていましたが10月末に宣伝広告が一斉に取り外され、現在はラッピングの下地のみがそのまま残されています.
住之江営業所(地下鉄住之江公園)

2008年11月に移籍した2784号車です.USJ直行バス専属車両という性格も踏まえて、運輸振興に移籍した際に後扉の閉鎖や側面幕の撤去が行われたものの、その他の部分については市バス時代の面影を強く残しており、バスロケ用の車両アンテナや後輪の巻き込み防止板がそのまま残されているほか、車番のほうも市バス時代と同じ番号を希望取得しています.
住之江営業所(地下鉄住之江公園)

車体後部の様子です.運輸振興へ移籍した際も大きな手は加えられておらず、後部幕のほかに乗降中表示灯も市バスで使用されていたものをそのまま流用するなど、こちらのほうも市バス時代の面影を強く残しています.
住之江営業所(地下鉄住之江公園)

車内の様子です.USJ直行バスが座席定員制の路線であることことから移籍時に大規模な手が加えられ、市バス時代のバケットシートを流用した最後部を除いて2+2列のハイバックシートに交換されたほか、手すりやつり革も座席配列を変更した際に取り外されています.また、後扉は移籍に合わせて封鎖されましたが、後扉付近を照らすライトは消灯した状態でそのまま残されています.
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

後扉付近の様子です.USJ直行バスは前扉しか使用しないため、後扉があったスペースは扉を封鎖したうえでステップを埋め立て、ハイバックシートが取り付けられています.そのほか、ステップがあった部分を座席スペースとして転用したことから、後扉の窓にもカーテンが取り付けられたほか、移籍当初はは経路上に阪神高速を通過する区間が存在していた関係で、各座席にはシートベルトが用意されています.
地下鉄住之江公園

車内に取り付けられている降車ボタンです.一部便が途中の停留所に立ち寄ることから降車ボタンのほうは引き続き用意されており、窓の柱や上部に取り付けられているボタンは基本的にそのまま流用.移籍時に取り付けられたハイバックシートにも降車ボタンが取り付けが行われ、座席配列の変更時に一度取り外されたボタンが再利用されています.
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

車内に取り付けられている次停留所表示機です.運輸振興自体が市交の外郭団体という事情もあってか、表示機のほうは市バスで使われていたLED式の表示機がそのまま流用されていますが、次の停留所名を表示する上段の部分は使用されておらず、下段の時刻表示機能のみが生きている状態となっています.
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

運転席後部に取り付けられているブレーキ表示灯です.この表示灯は1999年度に導入された車両までは各車に標準装備されていたもので、こちらのほうも市バス当時の装備がそのまま流用されており、市バスではすでに消滅している表示灯が現役で使用されています.
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

後部の方向幕取り付け機に貼られている幕順の対照表です.コマ数のほうは全11コマで、通常の運行時に使用されている直行バス用の幕のほかに、市バスの幕にも搭載されている回送や臨時関連の幕.さらに使用実績はないものの、ニュートラムの代行バス用の方向幕も搭載されています.
地下鉄住之江公園−アジア・太平洋トレードセンター前

« Back