中央線 24系
概要
中央線の24系は、線内に残っていた30系を置き換えるために1991年に製造開始され、1995年までに11編成が投入されました.製造当時、近鉄線乗り入れ対策として搭載されていた抑速ブレーキ以外はベース車の22系の性能に準じており、OTS線(当時)開業時には24系と同型のOTS系が製造(のち24系に編入)されましたが、けいはんな線開業時の高速化改造の際に機器更新の迫っていた20系を中央線に集約させたことから、大半の編成が20系と入れ替わる形で順次谷町線へ転属.転属対象から外れた初期投入車のみに改造が施され、加速性能が向上したほかワイパーの形状変更など、けいはんな線内での高速走行に対応した車両に生まれ変わっています.
諸元表(更新車)
編成Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
形式246002410024800243002420024900
定員130人140人140人140人140人130人
空車重量32.0t36.0t24.5t36.0t36.0t32.0t
最高運転速度70km/h(市交線) 95km/h(近鉄線)
加速度3.0km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造ステンレス車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・列車無線電話
制御方式VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ方式回生ブレーキ・抑速ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表
←コスモスクエア / 長田→
Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
246012410124801243012420124901
246022410224802243022420224902
246032410324803243032420324903
246042410424804243042420424904
246562415624856243562425624956