中央線 24系

概要

中央線の24系は、線内に残っていた30系を置き換えるために1991年に製造開始され、1995年までに11編成が投入されました.

製造当時、近鉄線乗り入れ対策として搭載されていた抑速ブレーキ以外はベース車の22系の性能に準じており、OTS線(当時)開業時には24系と同型のOTS系が製造(のち24系に編入)されましたが、けいはんな線開業時の高速化改造の際に機器更新の迫っていた20系を中央線に集約させたことから、大半の編成が改造を受けることなく20系と入れ替わる形で順次谷町線へ転属.

現在は中央線に残留した初期車の4編成と四つ橋線から転入した1編成の計5編成が在籍し、VVVFの機器更新も含めたリフレッシュ改造が施されています.

緒元表(未更新・高速化改造車)
編成Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
形式246002410024800243002420024900
定員130人140人140人140人140人140人
空車重量32.0t36.0t24.5t36.0t36.0t32.0t
運転最高速度70km/h(市交線) 95km/h(近鉄線)
加速度3.0km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造ステンレス車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・抑速ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成Tec1 - Mb1' = T' - Mb2 - Ma2 - Tec2
形式24600 - 24100 = 24800 - 24300 - 24200 - 24900
定員130人(中間車140人)
重量24.5t〜36.0t
運転最高速度70km/h(市交線) 95km/h(近鉄線)
加速度3.0km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造ステンレス車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・抑速ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表
←コスモスクエア / 長田→
Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
246012410124801243012420124901
246022410224802243022420224902
246032410324803243032420324903
246042410424804243042420424904
246562415624856243562425624956
←コスモスクエア / 長田→
Tec1 - Mb1' = T' - Mb2 - Ma2 - Tec2
24601-24101=24801-24301-24201-24901
24602-24102=24802-24302-24202-24902
24603-24103=24803-24303-24203-24903
24604-24104=24804-24304-24204-24904
24656-24156=24856-24356-24256-24956

« Back