阪急 5300系

概要

阪急5300系は京都線向けの車両として1972年に登場し、製造時より冷房を搭載した車両として増備が行われました.

5300系の仕様は神戸・宝塚線向けに登場していた5100系を改良したものとなっていたほか、3300系に引き続いて京都線独自の車体幅で登場したものの、冷房装置の排熱問題から堺筋線への本格乗り入れは1989年となるなど、堺筋線への乗り入れ仕様を生かせない車両となっていました.

また、前面方向幕を追設された際に8300系後期車で採用された大型の前面方向幕を搭載(のちに9300系用の方向幕に交換)した車両も存在しており、他形式との識別点となっています.

緒元表
編成McM'TTMM'c
形式530058005850580059005400
定員140人150人150人150人150人140人
空車重量37.1t36.2t24.6t24.6t36.4t36.7t
運転最高速度70km/h(市交線) 110km/h(阪急線)
加速度2.6km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.0km/h/s(非常)
車体長18300mm(一部中間車18200mm)
連結面間距離18900mm
車体幅2850mm(一部中間車2809mm)
屋根高4040mm
車体構造普通鋼車体
電気方式DC1500V 架空電車線方式
主電動機140kw×4
冷房装置集約分散式
保安装置ATC・列車無線電話
制御装置抵抗カム制御
ブレーキ装置発電ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成Mc - M' = T - T - M - M'c
形式5300 - 5800 = 5850 - 5850 - 5900 - 5400
定員140人(中間車150人)
重量24.6t〜37.1t
運転最高速度70km/h(市交線) 110km/h(阪急線)
加速度2.6km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.0km/h/s(非常)
車体長18300mm(一部中間車18200mm)
連結面間距離18900mm
車体幅2850mm(一部中間車2809mm)
屋根高4040mm
車体構造普通鋼車体
電気方式DC1500V 架空電車線方式
主電動機140kw×4
冷房装置集約分散式
保安装置ATC・列車電話方式
制御装置抵抗カム制御
ブレーキ装置発電ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表
←天神橋筋六丁目 / 河原町・北千里→
McM'cMcM'TTMM'c
53045404530558055854585559055405
53085408530958095858585959095409
53135413531458045873588459045414
53155415531658065875587659065416
53175417532258005877587859005418
53195419532058025890588059025420
53215421531858035853586259035422
←天神橋筋六丁目 / 河原町・北千里→
Mc-M'c=Mc-M'-T-T-M-M'c
5304-5404=5305-5805-5854-5855-5905-5405
5308-5408=5309-5809-5858-5859-5909-5409
5313-5413=5314-5804-5873-5884-5904-5414
5315-5415=5316-5806-5875-5876-5906-5416
5317-5417=5322-5800-5877-5878-5900-5418
5319-5419=5320-5802-5890-5880-5902-5420
5321-5421=5318-5803-5853-5862-5903-5422

« Back