近鉄 7000系

概要

近鉄7000系は東大阪線(現 けいはんな線)向けの車両として登場し、1986年の開業に合わせて営業運転を開始しました.

この7000系は乗り入れ先の大阪市営地下鉄に仕様を合わせたことから、車体寸法や塗装も独自のもので登場.先進的な車両デザインは鉄道業界以外からも注目を集め、鉄道車両としては初めてグッドデザイン賞を受賞したほか、2004年に登場した7020系にも7000系の車両デザインが引き継がれました.

また、けいはんな線の開業に合わせて全車両を対象にした大規模リニューアルが行われ、現在は7020系とほぼ同じ外観に生まれ変わっています.

緒元表(更新車)
編成Tc1M1T1M2M3Tc2
形式710072007300740075007600
定員125人135人135人135人135人125人
空車重量34.0t37.0t28.0t37.0t37.0t34.0t
運転最高速度70km/h(市交線) 95km/h(近鉄線)
加速度3.0km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2900mm
屋根高3745mm
車体構造普通鋼車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・抑速ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成Tc1 - M1 - T1 = M2 - M3 - Tc2
形式7100 - 7200 - 7300 = 7400 - 7500 - 7600
定員125人(中間車135人)
重量28.0t〜37.0t
運転最高速度70km/h(市交線) 95km/h(近鉄線)
加速度3.0km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2900mm
屋根高3745mm
車体構造普通鋼車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・抑速ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表
←長田 / 学研奈良登美ヶ丘→
Tc1M1T1M2M3Tc2
710172017301740175017601
710272027302740275027602
710372037303740375037603
710472047304740475047604
710572057305740575057605
710672067306740675067606
710772077307740775077607
710872087308740875087608
711072107310741075107610
←長田 / 学研奈良登美ヶ丘→
Tc1 - M1 - T1 = M2 - M3 - Tc2
7101 - 7201 - 7301 = 7401 - 7501 - 7601
7102 - 7202 - 7302 = 7402 - 7502 - 7602
7103 - 7203 - 7303 = 7403 - 7503 - 7603
7104 - 7204 - 7304 = 7404 - 7504 - 7604
7105 - 7205 - 7305 = 7405 - 7505 - 7605
7106 - 7206 - 7306 = 7406 - 7506 - 7606
7107 - 7207 - 7307 = 7407 - 7507 - 7607
7108 - 7208 - 7308 = 7408 - 7508 - 7608
7110 - 7210 - 7310 = 7410 - 7510 - 7610

« Back