北急 8000形
概要
北急8000形は開業時から非冷房車として活躍していた2000系を置き換える目的で1986年に登場し、「ポールスター」の愛称でデビューしました.この8000形は外装・内装ともに親会社の阪急電鉄を強く意識した車両となっており、北急の車両としては初めてアルミ車体を採用したほか、同時期にサードレール線車として登場した近鉄7000系とともにローレル賞を受賞するなど、機能面よりも外観を重視した車両デザインが特徴となっています.8000形は北急の看板車両として活躍していましたが、バリアフリー面など接客設備に陳腐化が見られたことから後継車両の製造が決まり、今後の去就が処遇が注目されます.
諸元表(未更新車)
編成Tc1MoTM1M2'T'TM1M2Tc2
形式8000810082008300840085008600870088008900
定員120人130人130人130人130人130人130人130人130人120人
空車重量26.6t35.4t27.1t35.4t34.0t27.1t27.1t35.4t34.0t26.4t
最高運転速度70km/h
加速度2.8km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm
屋根高3745mm
車体構造アルミ車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機120kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC
制御方式VVVF制御(GTO素子)
ブレーキ方式回生ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表(2014年4月時点)
←千里中央 / 江坂→
Tc1MoTM1M2'T'TM1M2Tc2
8001810182018301840185018601870188018901
8002810282028302840285028602870288028902
8003810382038303840385038603870388038903
8004810482048304840485048604870488048904
8005810582058305840585058605870588058905
8006810682068306840685068606870688068906
8007810782078307840785078607870788078907