御堂筋線 10系
概要
御堂筋線の10系は、大阪市交通局の車両では初となるチョッパ制御車として1973年に谷町線向けの試作車が登場.当初は20系として試運転が行われていましたが、御堂筋線向けに転用され現在の10系に改番.1976年に試作車の営業運転が開始し、1979年からは量産車の増備が行われました.この10系はチョッパ制御を採用したことで地下鉄線内の放熱問題が解消されたことから、量産車からは地下鉄車両としては初となる冷房装置を搭載し、車内の居住性が大きく向上しました.また、1998年からは車両のリニューアルが順次実施され、一部の車両はVVVF制御に改造されるなどして現在も活躍しています.
諸元表(VVVF制御車)
編成Tec1Ma1Mb1TbpMa1'T'TMa2Mb2Tec2
形式1100100019001300120016001700140015001800
定員130人140人140人140人140人140人140人140人140人130人
空車重量27.5t34.5t34.5t29.5t34.5t27.5t24.0t34.5t34.5t27.5t
最高運転速度70km/h
加速度2.8km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造アルミ車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC
制御方式VVVF制御(IGBT素子)
ブレーキ方式回生ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表(2013年4月時点)
←江坂 / なかもず→
M2ecM1TM2pM1'T'TM1M2Tec
1105100519051305120516051705140515051805
1106100619061306120616061706140615061806
1107100719071307120716071707140715071807
1108100819081308120816081708140815081808
1109100919091309120916091709140915091809
1110101019101310121016101710141015101810
1111101119111311121116111711141115111811
1112101219121312121216121712141215121812
1113101319131313121316131713141315131813
1114101419141314121416141714141415141814
1115101519151315121516151715141515151815
1116101619161316121616161716141615161816
Tec1Ma1Mb1TbpMa1'T'TMa2Mb2Tec2
1117101719171317121716171717141715171817
1118101819181318121816181718141815181818
1119101919191319121916191719141915191819
1120102019201320122016201720142015201820
1121102119211321122116211721142115211821
1122102219221322122216221722142215221822
1123102319231323122316231723142315231823
1124102419241324122416241724142415241824
1125102519251325122516251725142515251825
1126102619261326122616261726142615261826