谷町線 20系

概要

谷町線の20系は線内初の冷房搭載車両として1989年に登場し、残存していた50系を置き換えるために9編成投入されました.

この20系は、中央線で必要な抑速ブレーキを搭載する必要が無かったことから30番台と区別されましたが、翌年から新20系の製造に移行した関係で増備は行われず、以降は少数形式として谷町線内で活躍していました.

しかし、けいはんな線開業で乗り入れ対応改造を行う必要が生じた際に、機器更新が迫っていた20系を全車中央線に集約させることになり、2004年より機器更新のうえ順次中央線へ転属.車齢の若かった元中央線の22系50番台に置き換えられる形で、2006年までに全車谷町線から姿を消しています.

緒元表
編成Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
形式260021002800230022002900
定員130人140人140人140人140人140人
空車重量31.0t35.0t23.5t35.0t35.0t31.0t
運転最高速度70km/h
加速度2.5km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造アルミ車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成Tec1 - Mb1' = T' - Mb2 - Ma2 - Tec2
形式2600 - 2100 = 2800 - 2300 - 2200 - 2900
定員130人(中間車140人)
重量23.5t〜35.0t
運転最高速度70km/h
加速度2.5km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)
車体長18200mm(中間車18000mm)
連結面間距離18900mm(中間車18700mm)
車体幅2890mm(中間車2880mm)
屋根高3745mm
車体構造アルミ車体
電気方式DC750V サードレール集電方式
主電動機140kw×4
冷房装置セミ集中式
保安装置ATC・誘導無線方式
制御装置VVVFインバータ制御(GTO素子)
ブレーキ装置回生ブレーキ・応荷重方式・保安ブレーキ
編成表(2004年4月時点)
←八尾南 / 大日→
Tec1Mb1'T'Mb2Ma2Tec2
263121312831233122312931
263221322832233222322932
263321332833233322332933
263421342834233422342934
263521352835233522352935
263621362836233622362936
263721372837233722372937
263821382838233822382938
263921392839233922392939
←八尾南 / 大日→
Tec1 - Mb1' = T' - Mb2 - Ma2 - Tec2
2631 - 2131 = 2831 - 2331 - 2231 - 2931
2632 - 2132 = 2832 - 2332 - 2232 - 2932
2633 - 2133 = 2833 - 2333 - 2233 - 2933
2634 - 2134 = 2834 - 2334 - 2234 - 2934
2635 - 2135 = 2835 - 2335 - 2235 - 2935
2636 - 2136 = 2836 - 2336 - 2236 - 2936
2637 - 2137 = 2837 - 2337 - 2237 - 2937
2638 - 2138 = 2838 - 2338 - 2238 - 2938
2639 - 2139 = 2839 - 2339 - 2239 - 2939

« Back